EAイノベーション

プログラマによる自己復帰機能搭載の、MT4 EA開発サイト    「EAイノベーション」です。

(10)裁量もOK!ただ、できるだけEAで効率的に運用が理想。

(10)裁量もOK!ただ、できるだけEAで効率的に運用が理想。
裁量もOK!ただ、できるだけEAで効率的に運用が理想。

我ながら、1300万円まで上った実績を考慮すると、裁量トレードも「あり」です。

ただ、1300万円が目標ではなくて、やはりもう1桁は行きたいのです。
そう考えた場合に、裁量でずっと長期間は限界があるかなって感じました。

裁量は、人間の経験則で、負けトレードを選択的に排除できるし、「ヤバイ」と思えば早期撤退で勝ち抜けることができます。要は、トレードにファジーというか、柔軟性を持たせられる点が強いんです。
ただ、冴えた感覚・感性が鈍るとトレードの安定性を欠き、そうなるとEAの方がむしろ優秀となってきます。

私の場合、現在は裁量トレードは自分の勝てると思った局面だけ。あとはMT4のEAにて自動売買で仕掛けています。EAは確かに楽ですが、ただ万能ではなく、相場とロジックが噛み合わない局面ではドローダウンを生むのがネックです。

極力マイナスを作らないようにするには、そのEAがもつ相場のカバー領域がポイントになります。
ロジックがより多くの相場局面に対応していれば、損失局面が少なくなり、メンタルに優しくかつ長期的に損益続伸が期待できます。
この点で、EA選定で注意したいのが「カーブフィッティングの度合い」です。見かけ上のスペックが優秀でも、短期相場で過度にカーブフィットしてあるものはリアル相場で機能しなくなることが多いので見落とさないように。

しかしながら、カーブフィットさせないでロジックを一般人がまともに組むと、控えめなP/Fしか出せないのが常。P/Fは1以上あれば一応は利益が出ていることになるわけですが、1.2とかだと運用にアグレッシブさが欠けてしまいます。
あと、スプレッドが想定幅よりも大きいと、取引業者によってはスプレッド負けしてしまう懸念もあります。
だから、実運用を考えた場合、より長期の相場でカーブフィッティングせず、かつP/Fも1.5~3.0程度がリアル相場で叩きだせるものが理想です。

*
* (公開されません)
*

Return Top